山形県歯科医師会

会員専用サイト
HOME > フッ素とむし歯予防 > フッ化物応用に関するQ&A

歯の知識

フッ化物応用に関するQ&A

Q.効果が、ある、ないと意見が分かれているのは、やはり問題があるのでは。

A.むし歯予防のためのフッ化物利用については、学問的に既に安全性、有効性が十分確立され、内外の専門機関、専門団体が一致して認め、その利用について推奨しており、学会において賛否の論議はありません。

しかしながら、現実にはフッ素の利用について反対論や反対運動があるのは事実です。ただし、推奨するに至る過程の中で反対論についても学術的に十分検討を行っています。

例えばWHOでは、反対論について「…既に立証され、一般的に認められたフッ素利用の安全性に対する反対論は、特殊な条件、不完全な病歴、現症に関するあいまいな記載、あるいはデータの誤った分析及び解釈等に基調したものである。…」と分析しています。

また、日本最大の歯科専門学会である日本歯科医学会は1999年に「今日では、フッ化物の応用は、個人レベルのみならず、公衆衛生的な見地から、集団あるいは地域レベルにおけるう蝕予防法として、その有効性と安全性が確認され、世界各国において実施されている。公衆衛生的応用法として水道水フッ化物添加をはじめ学校などで行われるフッ化物洗口等があるが、こうした各種の公衆衛生的なフッ化物応用法の普及は、わが国において今後の地域口腔保健向上への重要な課題である。」との見解を示しています。

つまり、こうした反対論の根拠が誤った解釈によることが多く、世界の各専門団体・学会がフッ素を公衆衛生的なむし歯予防に用いられることを推奨している事実からも、広い観点で歯科保健、特にフッ素を利用したむし歯予防を考えてほしいと思います。

Q.長い間に体の中に蓄積されて害がでてくるのでは。

A.体内に吸収されたフッ素の大部分は尿とともに体外に排泄されますが、身体に残ったフッ素は主に骨や歯に運ばれ利用されます。

フッ素洗口で口の中に残るフッ素の量は1日平均約0.1〜0.2mgであり、お茶1〜2杯に含まれるフッ素と同量という極めて微量です。実際には子供でも飲食物から1日1mg前後のフッ素を摂取しています。

したがって、フッ素洗口で骨や歯にフッ素が蓄積して異常を起こすなど、身体に害の起こる心配はありません。

Q.フッ素を使ったとしても結局むし歯になる。ならばあえて使わなくてもよいのでは。

A.ご指摘のように例えば、フッ素洗口は40〜60%の予防効果であり、100%のむし歯予防はできません。

しかし、安全で、経済的で、簡単で、日本ではまだ実施されていない水道水のフッ素濃度適正化やフッ素の錠剤の服用などの全身的応用を除くと、現状ではもっとも予防効果の高い方法です。ですから歯磨きや甘味制限その他の方法とも併用して100%のむし歯予防を目指して努力すべきだと考えます。

また、むし歯になった部分を金属やプラスティックなどで詰めたりします。しかし一度むし歯にかかったところは、弱いので詰めたところから再び悪くなる可能性が高く、元の健全な歯にはかないません。ですから予防することが最も大切なのです。

そのため、むし歯を減らす効果の高い、フッ素洗口を大いに利用することをすすめているのです。

このページの先頭に戻る

Q.フッ素を使用するより、歯磨きの徹底を図ったり、食生活の改善、生活そのものの見直しを各家庭にしっかり啓発する方が先ではないか。また、フッ素の洗口の必要性があるのであれば、家庭にその必要性を強く啓発し、家庭の責任において自主的に意欲的に実施するようしむけるべきでは。

A.各家庭でむし歯予防をおこなうことはもちろん大切で、実際の歯みがきの習慣づけや甘い物の制限などは、親の責任のもとにされなければいけません。

しかし、むし歯はほかの病気と異なり、国民のほぼ全員にみられ、しかも一度むし歯になってしまうと自然に治らないこと、さらにむし歯になるのは子供の頃がほとんどであるという特徴があります。

このようなことから、公衆衛生的に多くの子供達を管理することのできる、幼稚園、保育所、学校でのむし歯予防活動を実践することは、重要なことになるのです。

歯科医の処方による家庭でのフッ素洗口法は、一般的には残念ながら長続きしないのが実状です。

Q.フッ素洗口とフッ素入り歯磨剤を併用してもよいのでしょうか。

A.フッ素洗口とフッ素入り歯磨剤の併用は、各々を単独で実施する場合よりも高いむし歯予防効果が期待でき、むしろ積極的に推奨すべきです。

フッ素洗口により口の中に残るフッ素の量は1日平均0.11〜0.24mgであり、一方フッ素入り歯磨剤を使用した場合に残るフッ素の量は、各種の報告から1回0.15〜0.30mgとほぼフッ素洗口1回分と同じくらいとなります。

子供でも1日平均1mg前後のフッ素を摂取していること、および米国歯科医師会では、水道水フッ素化を実施していない地域において、むし歯予防のために3歳児以上には毎日1mgのフッ素を錠剤で補充するよう推奨していることから安全性の面についても心配はありません。

なお、むし歯予防効果を比較すると、高い方から順に洗口と歯磨剤の併用、洗口のみ、歯磨剤のみになると考えられます。

Q.フッ素利用は、いつ始め、いつまで続ければ良いのでしょうか。

A.フッ素は萌出してまもない幼弱な歯質に使用したとき、最も効果が高く現れます。

乳歯は生後6ヶ月から3歳半頃まで、永久歯(智歯を除く)は4歳頃から中学3年生頃まで、つまり、生後まもない時期から中学校卒業まで、フッ素を利用すると効果があるとされてきました。

最近では、成人の露出した歯根面のむし歯にも20〜30%の予防効果があるという研究報告もあり、フッ素は一生涯にわたってむし歯予防効果があると考えられてます。

このページの先頭に戻る

Q.むし歯予防にフッ素を利用することについて専門機関はどのような意見をもっていますか。

A.フッ素の応用を推奨している国際機関および専門団体は、

WHO(世界保健機関)
FDI(国際歯科連盟)
FAO(国連食糧農業機構)
ORCA(ヨーロッパう蝕研究学会)
アメリカ食品医薬品局やイギリス王立医学協会
などがあります。

これらは、すべて積極的に奨めており、特にWHOとFDIは、日本の歯科医療や歯科保健におけるフッ素利用の立ち遅れを強く指摘しています。日本の専門機関では、日本歯科医師会や日本歯科医学会、日本口腔衛生学会および厚生労働省などが、 歯の健康のためのフッ素の応用を推奨しています。

Q.フッ素とはどのようなものですか?

A.フッ素は自然界に広く分布している元素の一つで地殻にある約90の元素のなかでも多い方から13番目で豊富に含まれています。

元素単独では存在せず蛍石、氷晶石、リン鉱石などとして存在します。地中はもとより海水、河川水、植物、動物などすべてに微量ながら含まれており、私たちが食べたり飲んだりするもののなかにも、量はことなるものの、必ずといっていいほど含まれています。

私たちが毎日飲む水やお茶のなかにもフッ素は含まれています。

Q.自然のフッ素とむし歯予防に使うフッ素は同じものですか?

A.むし歯予防のフッ素には、普通、フッ化ナトリウムが利用されます。このフッ化ナトリウムは天然の岩石である”蛍石”から精製されるものです。

フッ化ナトリウムを水に溶かした場合、フッ素はイオン化しており、お茶や飲料水に含まれるフッ素もこれと同じイオン化したフッ素であり、その性質はまったくおなじものです。

Q.フッ素洗口が身体に及ぼすことはありますか?

A.どんなに安全と思われている物質でも、量が過ぎれば害を生じます。また「量」については、実際に使用する量が適量であるかどうかが重要です。世の中のあらゆる物質には健康を保つための適量があり、欠乏および過剰摂取のいずれも健康を害を及ぼします。

適量のフッ素はむし歯に対する抵抗性をつくり、正常な骨格を維持するためにも必要とされ、欧米諸国ではフッ素の栄養所用量が定められています。

グラフ:1

社団法人山形県歯科医師会
〒990−0031 山形市十日町二丁目4番35号    アクセスマップ
電話:023−632−8020(代)/ FAX :023−631−7477
PAGETOP